メンズスキンケア ランキング 男性化粧品

メンズスキンケア

もうスキンケアは女性の専売特許ではありません。

男性の肌悩み

 

いまや男性でもスキンケアは当たり前、そんな時代なのです。
化粧品メーカーである「ドクターシーラボ」社の調査によると、思っている以上に男性がスキンケアに興味があるとか。
「肌悩みがある」と答えた男性は、なんと76%と大多数なのです。実は36%もの男性が「彼女もしくは奥様の化粧水を使ったことがある」と回答しています。

 

自分ではなかなか買いにいけないから、身近な女性の化粧水をこっそり使ってしまうのかもしれません。

 

47%もの男性が「スキンケアに興味はあるけど、話せない」と思っているのです。

 

肌の悩みの中でも多くの男性が悩むものは、やっぱり“カミソリ負け”。
そしてそれと同じぐらい深刻なのが“テカリ・べたつき・毛穴の黒ずみ”。男性には女性とは少し違った肌悩みがあるようですね。

 

男性の肌の特徴

男性の肌の特徴として、思春期頃から皮脂の分泌量が急速に増加し、成人する頃には、女性と比べて約2倍になります。
また、女性が成人後、年齢にともなって徐々に皮脂の分泌量が減少していくのに対して、男性の場合、皮脂の量はほとんど減ることはありません。そのためにいわゆる”Tゾーン”にあたる額から鼻の部分はかなりべたつきやすくなります。

 

男性の肌の問題

そして男性の肌に関する問題として、習慣的に行う「シェービング(ひげそり)」があります。
男性には、シェービング(ひげそり)を習慣的に行う人もいます。ひげは1日に約0.4ミリ伸びるとされ、20〜30代にかけて太く、硬くなっていきます。しかし、30代以降では、太さも硬さも大きく変らないといわれています。そり方によっては角層の再表面や皮脂をムダに削ぐ可能性があるため、頬からあごにかけての別名「Uゾーン」は乾燥しやすい傾向があります。この「Tゾーンのべたつき」と「Uゾーンのかさつき」を軽減することが男性のスキンケアで重要になってきます。

 

メンズスキンケア

男性のスキンケアは、「洗顔」「保湿」「UVカット」の3つに集約されます。
洗顔によってTゾーンのべたつきを抑え、保湿によってUゾーンのかさつきを防止し、最後に肌に悪影響を及ぼさないために紫外線を防ぐケアもふぉろーしておくことです。
また、シェービングの際には、肌を保護し、カミソリの刃の滑りをよくするシェービング剤などを使うといいでしょう。カミソリ負けを防ぐ効果のあるシェービング剤もありますのでそれを活用するといいでしょう。

 

もう、男性が肌のケアを気にしてはいけない時代ではありません。
効果的なスキンケアの知識を得て、よりよい肌を手に入れましょう。

 

脂性の貴方へおすすめの洗顔料

スキンケアセット 人気ランキング

男性専用スキンケアセットの人気ランキングです。
※洗顔料・化粧水・乳液(美容液)

BULK トライアルセット

BULK

8つの美容成分を配向!洗顔料・化粧水・乳液のスキンケアのセットです。
洗顔・整肌・保湿をしっかり抑えているスキンケアの基本がセットになっています。

 

 

BULK HOMME

 

価格 容量 評価
500円(送料無料) 7日間トライアルセット メンズスキンケア,ランキング,男性化粧品

POLA マージエンス
ポーラマージエンス

マージェンスは男のエイジングサインである「ニオイ」と「肌」の変化に徹底アプローチ。
ラインアップはシャワージェルをはじめ、
フレグランスやウォッシュ(洗顔料)、
マルチコンディショニングジェル(ローション)や
サンスクリーン(日ヤケ止めクリーム)があり、
10代や20代前半の頃と同じケア品を使うことに違和感を感じているオトナの男性として、身だしなみにこだわる男性ののためのシリーズです。

 

ポーラマージエンスオトナのメンズケア【マージェンス】

 

価格 容量 評価
2,625円〜

ウォッシュ 180ml
化粧水   120ml

 

メンズスキンケア,ランキング,男性化粧品
DiNOMEN スキンケアセット
コスメンズ

DiNOMENの人気スキンケアのセットです。
こちらも、スキンケア初心者には分かりやすいので最初スキンケアセットがオススメです。
もちろん、洗顔・整肌・保湿の3点はおさえていますので安心してお使えになれます。

 

コスメンズDiNOMENの詳細

 

価格 容量 評価
8,222円

ミネラルファンゴフェイスウォッシュ(130ml)
フェイスローション ドライ(150ml)
スキンインフィルトレーションモイスチャージェル(60ml)

メンズスキンケアの方法とは

朝編

一昔前くらいから、徐々に男子もスキンケアをするようになってきた今、男子のスキンケアは普通になりました。
でも、男子スキンケア初という人もいるはずです。
そういうあなたに、ここではメンズスキンケアの基本などを天授していきましょう。
まずは「髭剃り」です。
髭剃りにはちゃんとやり方があります。
そこのあなたは、チャチャーっとシェービングクリームを塗り、さっさと髭剃りして終わりということをしていませんか?
それではいけません。
髭剃りですが、4つポイントがあります。

  1. 髭を剃るタイミング
  2. 道具を適切にえらんでいるかどうか?
  3. 正しい髭の剃り方
  4. 自分に合うアフターケア

以上が大切になってきますし、これが基本です。
では、1.髭を剃るタイミング ですが、だいたい早朝の6時から10時に髭は一番伸びます。よく、1分でも長く寝たいから夜風呂上りに剃っておくという人がいますが、これはNG。
髭はやはり朝剃ることが一番いいのです。
丁度伸びているときに切っていたほうがきれいに切れます。
夜に髭をそっても、朝の6時から10時の間にはのびていくのですから、ムダになります。
それこそ、髭ボーボーで会社に出社ということにもなりかねません。
また、朝はお肌もしっかりしており、カミソリ負けしにくいといえます。
お肌は、深夜2時くらいに活発になり修復力も増します。ですから朝起きてからの髭剃りの方がいいのです。
朝起きたときのお肌の水分量が多く、夜寝る前の水分量は少ないのです。
これから修復力の違いが出てきます。
朝がもっとも水分量が多くて元気なのです。またお肌の細胞に水分量があまりないとお肌が傷つきやすくなり、カミソリ負けの原因となります。
これらから、髭剃りはやはり朝にしましょう。
髭剃りの後は洗顔です。
洗顔は、朝は水またはお湯だけで洗顔をすることをお勧めします。
洗顔料は必要ありません。
洗顔料はお肌の負担となります。

ただ、夏など脂が浮きやすい時期は、部分的に洗顔料を使うことはいいでしょう。
洗顔の次は化粧水ですね。
化粧水は、ニキビや脂性の人も使いましょう。
洗顔後は菌や酸化した脂が取り除かれます。また水分も不足しがちになります。
ですから、この時のお肌は水分不足であり、乾燥しており毛穴や脂性の原因にもなります。
化粧水は必ずしておきましょう。
化粧水の後は、乳液です。
乳液は何でも良いというわけではなく、ちゃんと男性用がありますので、男性用を購入しましょう。
女性用は油分が多めに配合されています。
ですからお肌のトラブルの原因となってしまいます。
ただし、乾燥気味の方は女性用の乳液の方が良い場合もありますが、それでも様子を見ながら使ってください。
ニキビ肌や脂性の方は、乳液の使用を控えるか、部分的に使うことをお勧めします。
乾燥しがちな部分、例えば目元などの乾燥する部分に使うという方法が一番いいでしょう。
またTゾーンといわれる脂が良く出るところには使用しない方がいいでしょう。
基本的にはここまでが基本ですが、中には日焼け止めやコンシーラーを使う人もいるでしょう。
特に日焼け止めはつかうことが多いでしょう。

紫外線はシミ以外に皮膚老化や皮膚がんにもつながります。
昔はこんがり日に焼けた肌が魅力的だと言われていた時代もありましたが、それは昔のこと。
今は紫外線もきつくなってしまい、日焼けしたということがおしゃれではないようになっています。
日焼け止めですが、いろいろな種類があります。
屋外にいることが多い場合は、SPFの強いものを選んでください。

夜編

1.クレンジング
男性に良くあることなのですが、夜はお風呂に入って洗顔石鹸でバーっと洗って終わりという人、いませんか?
一日を終えたお肌には、たくさんの汚れとホコリ・脂など様々なものがついています。
それをきれいに取るのが、クレンジングです。
男性もクレンジングをしてください。
男性のクレンジング剤としてお勧めするのは、オリーブオイルです。
男性にありがちなのですが、鼻の毛穴がいちごのようにボツボツになっていませんか?
これは角質が原因となってできている角栓というものです。
角栓ケアにおすすめなのが、このオリーブオイルでのクレンジングです。
オリーブオイルは、角栓をきれいに取ってくれるだけではなくて、オリーブオイル自体が人間の皮脂に近いのです。
ですから、お肌に非常に優しいと言えます。
笑ってしまうかもしれませんが、男性の場合は特にお化粧していない人の場合は、食用のオリーブオイルでも大丈夫ですよ。
食用は純度の高いものが多いので、できればエクストラバージンオイルがいいでしょう。
次は洗顔です。
夜の洗顔は必須です。
洗顔料を使って優しく泡立てて洗ってください。

ニキビ肌の人は、水かお湯での洗顔をお勧めします。
化粧水・乳液は、朝と同様です。
美容液やパックは、夜するようにしてください。
中には朝する人もいますが、お肌が栄養過多になったり、脂性のお肌の原因にもなります。
ですから必ず夜するように心がけてください。

メンズズキンケアでのアンチエイジングとは?

アンチエイジングというと、どうしても女性を思い出させますよね。
しかし、男性だってアンチエイジングしたいという気持ちがあるはず。
男性も女性と同じで、年齢を重ねてくればいろいろなお肌の悩みが出てきます。
そこでアンチエイジングです。
どちらかというと、男性であるがゆえにアンチエイジングしてほしいと言えます。
男性は、仕事で大忙し。人間関係・不摂生・寝不足・イライラ本当に様々なストレスにさらされています。
だからこそ、男性こそアンチエイジングをしてほしいものです。
男性もどの年齢になっても、お肌がハリがあり、艶やかなお肌なら魅力があります。
これこそが、「モテ男」になるのです。
では、男性のアンチエイジングはどういうものなのでしょうか?
実は、アンチエイジングは男性も女性も同じなのです。
アンチエイジングで大事なのは、お肌のターンオーバーを高めて、コラーゲンをお肌に増やすことです。
ターンオーバーという言葉を初めて聞く男性もいるでしょう。
ターンオーバーとは、細胞の再生周期のことです。
人間のお肌の細胞が生まれ変わる周期は、3か月ごとに新しい細胞に生まれ変わると言われています。
しかしこれも、年齢を重ねることによってターンオーバーの機能が衰えてきます。

そしてシミやシワができてしまうわけです。
これでは何もしないわけにはいきません。
積極的にお肌に取り込んでいただきたいものがあります。

  • ビタミンC誘導体
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • ビタミンE誘導体

です。
ビタミンC誘導体は、美白効果やシミにならないようにする働きがあり、シワやたるみの防止にもなります。
コラーゲンは、お肌の下には真皮層という部分がありますが、この部分を活性化させて、お肌のターンオーバーを促します。
ヒアルロン酸は、お肌にハリを与えて、シワやたるみを防止します。
セラミドは、取り込んだヒアルロン酸やコラーゲンを閉じ込めて、シワやたるみを防ぎます。
ビタミンE誘導体は、抗酸化作用を持って、細胞がサビないようにします。
以上の要素をお肌に取り入れて、美肌にしましょう。
もう、年齢を重ねても怖いものなしです!

メンズスキンケアで脂肌をきれいにしよう!

脂性の肌のあなたは、自分は脂性の肌だと思っていませんか?
実はそれは違う考え方なのです。
お肌に脂が多いという人のほとんどは、実はお肌が乾燥しているという人が多いのです。
それはなぜでしょうか?
実は毎日の髭剃りでお肌をぎずつけていたり、何もせず紫外線を浴びていたりして、お肌に対して一切ケアをしないために、結果としてお肌の水分量を減らしてしまっているということから、逆に脂分が多く分泌してしまっているわけです。
つまり乾燥状態が続いているわけで、そうなると角質層の水分量が減ってしまうため、お肌が硬くなっていって厚みも出てきます。これが、お肌のガサガサやひび割れを起こしてしまうということです。
これをまだ放置しておくと、コジワやたるみなどに発展して、フケ肌を作る可能性が出てきます。
お肌が乾燥すると、皮脂が過剰に分泌されます。そこでお肌のテカリやニキビなどのトラブルも出てくるというわけです。
必要な水分がお肌にないために、お肌が自分から守ろうとしているわけです。
そしてさらに皮脂を分泌させてしまうという繰り返しになってきます。
「お肌の乾燥」が原因なのですね。
ではどうすればよいのでしょうか?
それは、しっかりと保湿をして、お肌に水分を保つことが、ガサガサの乾燥肌や脂性のお肌を解決することに繋がっていきます。
原因の乾燥肌を治すには、保湿が基本です。
それには正しい洗顔とシェービングが必要です。
まず、洗顔ですが、特に夏は皮脂でべたついていたり、また汗をかいていたりと嫌な季節ですね。

こういうときは、思いっきりゴシゴシ洗ってスッキリしたいと思うでしょうが、それはいけません。
力任せに洗うと、お肌の乾燥を招きます。
また、男性も洗顔の際はちゃんと、洗顔料を使てください。
そして、しっかりと泡立てて、包み込むように優しく洗ってください。
泡を落とすときは、水に近いぬるま湯でしましょう。
熱いお湯のほうが洗顔料がきれいに取れそうですが、この場合は皮脂を余分に取ってしまう恐れがあります。
これは逆効果になりますので、やめてください。
また、髭を剃る時に何もつけずにカミソリやジェーバーを当てるのはもってのほかです。
髭剃りは水分を守るのに必要な皮脂や角質まで取り除いてしまうために、水分が逃げやすくなっていて乾燥を招くことがあります。
ですから、必ずシェービングクリームなどを塗るなど方法をとってください。

メンズスキンケアでお肌の赤みを治す

お肌の赤みは、大きく分けて「お肌の薄さ」「炎症」の2種類に分けられます。
赤ら顔と一般に言いますが、このようなお肌は、皮膚が薄くて乾燥や紫外線・洗顔による刺激に弱いという人が多いと言えます。
生まれつき皮膚が薄い人もいますが、赤ら顔で悩んでいる人は、自分でお肌の皮膚を削ってしまっていることがあります。
例えば洗顔です。
ゴシゴシ力を入れて洗っていませんか?
これは、赤ら顔の原因の一つです。
または、お肌に合わない、またはお肌に刺激の強い成分の入っている化粧水を使っていることによって、お肌が薄くなることがあります。
皮膚が薄くなりやすい顔の部位は、頬や鼻です。
頬や鼻は顔の中で一番出ている部位なので、摩擦や紫外線による刺激を受けやすいのです。
皮膚が薄くなると、保っていた水分がなくなってきて乾燥肌になります。
感想も刺激の原因となるので、お肌に炎症を引き起こして赤みの原因となります。
ですから、できるだけ刺激がないようにしていくことが大切です。
特に化粧水は、少しでもヒリヒリしたりした場合は、お肌に合っていないという意味ですから、使わないようにした方がいいでしょう。


メンズTBC フェイシャル


メンズスキンケアセットランキング メンズ洗顔料人気ランキング メンズ洗顔料 おすすめ どろあわわ